QCC導入事例

パターン印刷は、従来からあるパッケージ素材(ラベル・紙箱・フィルムなど)にできます。
商品本体にも、インクジェットプリンターの使用により可能になります。
金属類やプラスチックなどの工業部品へのレーザーによるパターンを彫刻の場合、部品の逆探知も可能なほか、パターンのコピーがほぼ不可能なため、確実な偽造防止策になります。

シール

紙製品

軟包装・フィルム

タグ

洗濯ラベル・熱転写

ボトル用ラベル

金属部品ジ

ポリエチレン容器

金属フタ

一般消費者のメリット

一般消費者のメリット

真贋確認

スマートフォンとアプリだけで、真贋判断

商品本体マッチング

容器中の本体は写真とマッチング

商品情報調べ

困る時にすぐ商品関連情報を調べれる

ポイント登録

ワンタッチで自動的にポイント登録

キャンペーン募集

複雑な入力手続きがなして、簡単便利

QCCを導入した場合の企業側のメリット

QCCを導入した場合の企業のメリット

開発中のサンプル管理

責任者の登録・アクセス管理

部品の関連情報

関連部品のデータマッチング

品質検査の確認

品質検査の時間・場所・状況などの確認レポート

梱包情報の関連

単品単位識別子から荷印識別子までの情報を関連化

販路・代理店の管理

商品販路ルートを記録・代理店商品ソースの確認

導入が簡単で企業効率化を図れるQCCを導入しませんか

QCCは従来の識別技術よりさらに進化した次世代識別子です。
最新のIT技術を駆使して偽造防止、簡単マッチング、トレーサビリティに有効です。
アプリが取得したデータは企業のデータベースに転送され、制限され100%コントロール可能です。
これによりさらに効率の良いシステム効率化が望めます。
まずは資料請求してQCCの導入をご検討ください。