QCCの商品指紋

QCCのメリットと特徴

企業に絶えず求められるもの、それはデータ・システムの効率化。では、その効率化に必要なものは?
サーバーやアプリケーションの選択、データベースの構築し…実に様々な要素があります。
しかし忘れてはならないのが、その土台ともいえる「正しいデータの収集」です。どんなに優れたツール使おうと、データに誤りがあれば役に立ちません。
QCCコードの基礎理論は便利性の上に多重確認セキュリティを使う技術です。
QCCのメリットと特徴

自動認識・個体識別

自動認識・個体識別スマートフォンでQCCパターンの画像を読取し、取得したパターンの画像を暗号データに解読します。
さらに暗号データから暗号を除去し、商品番号に変換します。
全ての商品に唯一識別子を割当可能で、最大限40桁の数字番号を使用可能です。(〜10の40乗)
各番号は固有パターンに対応可能 。

偽造防止

偽造防止印刷されたQCCパターンをスキャンしてもドットマトリックス自体がぼけるので、より高いセキュリティが期待できます。
閉鎖的なパターン情報、パターン構造の解読偽造は不可能になります。
また読み取りの数を制限可能です。コードパターンの有効性は印字した後にコントロールもできます。

QCC現物追跡

現物追跡個体識別子とGPS情報と読取履歴により現物の追跡が可能です。これにより、物流、在庫管理、検品、棚卸の効率化を図ることができ、正々堂々に販路ルートを示して、不明ソースからの商品を受け取らないように製造会社と消費者の権利を守ります。
自社既存ERPや在庫システムとの連携が可能で収集したデータは自社のデータベースサーバーに転送可能で100%自社でコントロール可能となります。

QCCとその他の識別コードとの機能比較

各項目は以下の順に掲載 QCC RFID ホログラム QRコード バーコード
偽造防止 ◎強い △可能 〇強い ×不可 ×不可
利便性 ◎高 ×低 ×低 ◎高 〇高
追跡情報 ◎可能 ◎可能 ×不可 △可能 ×不可
デフロイ 〇簡単 ×複雑 △面倒 ◎簡単 ◎簡単
機能性 ◎制限なし △可能 ×不可 △可能 ×不可
コスト ◎安い ×高い △高い ◎安い ◎安い

導入が簡単で企業効率化を図れるQCCを導入しませんか

QCCは従来の識別技術よりさらに進化した次世代識別子です。
最新のIT技術を駆使して偽造防止、簡単マッチング、トレーサビリティに有効です。
アプリが取得したデータは企業のデータベースに転送され、制限され100%コントロール可能です。
これによりさらに効率の良いシステム効率化が望めます。
まずは資料請求してQCCの導入をご検討ください。