情報を管理と追跡

QCCラベルの付加価値は、QCCクラウドでの情報管理と追跡サービスです。

  • QCCクラウドから発行された電子暗号キーがないとQCC識別子を生成できません。
  • 生産工場は、クラウドデータベース内のブランドの生産承認またはブランドからの注文許可の記録がない限り、QCCラベルを購入することはできません。
  • QCCラベルを付けている全ての部品及び完成品は、品質状態を記録できるため、不良部品及び不良品の数量を照会が可能です。
  • 従業員はQCCラベルのスキャンのみで、返品した商品の真贋をすばやく識別できます。
  • QCCラベルの識別子はQCCクラウドで納品状況を記録できるため、B2C又はC2Cの配送する商品の正規品証明を購入者に通知できます。したがって、ネット通販でも偽造防止の対策が可能です。 (実際のオンライン営業にマッチした機能を開発可能)
  • ネット通販の利用が活発な昨今、消費者はオンライン購入の安全性に更なる向上を求めてと考えられる。QCCラベルは、これらの要求に応えるだけでなく、市場サービスを改善するために消費者に関するビッグデータを合法的に収集することもできます。

情報を自己管理

すべての情報は企業自身も管理できます。

  • 企業がクラウドシステムを保有又は他社のクラウドサービスを利用する場合、全ての情報が企業の管理下に置かれることは可能です。
  • QCCシステムは、QCC識別子を復号化して取得したQCC番号を企業指定のクラウドにのみ転送できます。
  • 言い換えると、QCC番号はQCCクラウドシステムにとって無意味な番号です。 QCC番号に対応する全ての情報(商品情報、生産情報及び識別子の有効性など)は、企業のクラウドシステムによって管理されます。