導入事例

法律によると、紙の外観を影響することはできません。

すべての紙幣には、紙幣レベルの偽造防止基準を満たすために一意のQCC識別子が割り当てられています。


商品数量に応じた識別用ラベルの数量を制御できます。

過剰の識別用ラベル、不良部品及び不良完成品の数量を照会できます。

品質問題で、クラウドのビッグデータベースから瞬間に発注情報と製造履歴の調査できます。

出荷した正規品に付いているQCCラベルの情報や有効性などは、全ていつでもどこでもコントロールできます。


COFCO砂糖産業独自のQCCラベルを印刷し、製品のパッケージボックスに貼り付けます。

トレーサビリティラベルには、暗号化QRコード、QCC識別子、不可視QCC識別子が含まれます。

暗号化QRコードはプロモーション用です。消費者が任意アプリを使用して、WeChatの赤い封筒(歳玉)を取得します。

QCC識別子は正規品の確認用です。消費者がQCCアプリを使用して、正規品の確認やトレーサビリティ情報を知ることができます。

不可視QCC識別子は企業のみが正規品の確認用です。企業コミッショナーは専用な識別デバイスを使用して隠れるQCC識別子を認識できます。


偽造品と効果的に戦い、企業の市場とブランドを保護します。

消費者は、QCCラベルをスキャンして消費権利を保護することにより、真偽をすばやく特定できます。

トレーサビリティ情報ページを通じて、消費者は商品の原材料情報、加工情報、生産環境を閲覧できるため、安心して購入・使用することができます。

可視と不可視のQCC識別子を組み合わせることで、企業は商品のチャネリングを効果的に防止し、チャネルを効果的に制御し、損失を減らすことができます。


化粧品のメーカーやブランドに検査、認証、その他のサービスを提供し、偽造防止トレーサビリティプラットフォームサービスとQCCラベルを検査証明書として提供し、これを偽造品と戦い、市場を効果的に監視するための窓口として使用します。


2005年5月16日の品質監督検査検疫総局の管理会議で検討および承認され、2005年7月15日に発効しました。

地方特産品は「地元の絶妙な製品、量が少ない、高品質、高価格」の属性を持っています。 ただし、ブランド認知度が高く、価格が高い製品は、偽造者の優先ターゲットになる可能性があります。

ランドマーク業界に高品質の偽造防止トレーサビリティサービスを提供すると同時に、ランドマーク業界のアップグレードを促進し、さまざまな地域のランドマーク企業の健全な発展を保証します。


導入が簡単で企業効率化を図れるQCCを導入しませんか

QCCは従来の識別技術よりさらに進化した次世代識別子です。
最新のIT技術を駆使して偽造防止、簡単マッチング、トレーサビリティに有効です。
アプリが取得したデータは企業のデータベースに転送され、制限され100%コントロール可能です。
これによりさらに効率の良いシステム効率化が望めます。
まずは資料請求してQCCの導入をご検討ください。